【あけみみう・あやね遙菜・中川絢音・まなかかな・有坂つばさ】チュニック&ニーハイの似合う女の子のチラリズム

ニーハイ
DUGA
DUGA
DUGA

【黒ニーハイ】「あああんなんだか変になっちゃう~」ベッドの上で一人寂しくもろ手マンオナニーイキ顔 🎵

出演女優さん紹介動画 ~ YouTube ~

TOKYO247チャンネル 様 より 『あやね遥菜 イメージ動画』
配信スナック高田馬場 様
イベントさん 様
刺激ストロング 様

作品のサンプル動画をすこしだけ・・・

作品情報

美脚を引き立てるニーハイ美尻を際どく覆うチュニックスラッと伸びたその隙間から覗く太股絶対領域のエロス着衣エロスパンチラ×太股×誘惑エロ可愛いファッション。
身につけているのはチュニックとニーハイソックスとパンティだけ。そんな艶めかしい格好で男を誘惑する。
チュニック&ニーハイ娘と戯れるこのファッションで街中を歩くのは勇気いるけど、二人きりならOK?もちろんインナーなんか穿いてないよ!露骨すぎて非現実的なファッションなどでは無く、もちろん街中歩いても捕まらない。
でも彼女にお願いしてもなかなかしてくれないかもしれない格好。そんなかわいらしさとエロさを際立たせたコーディネートでセクシーチラリズム。そして後半はガッツリと見せて誘惑してくれる。

≪管理人Mのつぶやき≫

ニーハイって不思議な履物ですね。室内で5人の女優さんがニーハイとチュニックの隙間を巧みに駆使してパンチラをしてくれています。
男性にはあまり馴染みの無い「ニーハイ」ですが、気づいたら女子の定番になってましたね。冬の季節には防寒にもなるので、エッチな意味なく穿いている女子も多いと思います。
ニーハイとは、ひざ上またはひざ上丈を表す用語で、靴下のことをニーハイソックス、ブーツのことをニーハイブーツと言ったりします。ウィンクショートパンツやミニスカートと合わせてコーディネートされることが多いと思いますが、意外にもズボンやロングスカートの下に履く人もいるそうです。
wiki先生によれば、

ニーハイ
ニーハイ(英:knee high)とは、「膝上」「膝上丈」を指すファッションの慣用的表現である。英語において「ニーハイ」とは膝下までの高さを指し、膝上丈は「オーバー・ザ・ニー」(over the knee)や太腿丈は「サイハイ」(thigh high)と言う。
そのため、「ニーハイソックス」「ニーハイズ」(knee-highs)はいわゆるハイソックスを意味するが、日本語では「ニーハイ」を「膝上丈」の意味で誤用している。
膝上丈の靴下をニーハイソックス(あるいはニーソックス)と呼ぶほか、2006年頃から流行した膝上丈ブーツをニーハイブーツと称する。

ニーハイとニーソックスの違い
ニーハイの定義
日本では「膝より少し上でオーバーニーソックスよりも下のレベルのもの」が「ニーハイ」とされる。一般的には、これをニーソックスと同じものとしている場合が多いが、厳密にはこの背丈(40-50cm)のソックスを「ニーハイ」と呼ぶ。
ニーソックスの定義
ニーハイより長いオーバーニーソックス(50-60cm)、さらに長いサイハイソックス(60cm以上)というものも存在する。一般的にはそれらを総称してニーソックス、ニーソと呼称する。現在日本では「ニーハイ」という単語が多用されているが、あくまでニーハイとは「膝丈」とか「膝までの高さの」という意味の英語であり、本来の単語の意味と相違がみられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

と言う事でした。

今作も、ニーハイを装着することで、ムチムチした太ももとパンチラがより楽しめる動画に仕上がっています。フェチの嗜好によって、パンチラが萌えるのか、ニーハイとムチムチした太ももに萌えるのか、それとも、ニーハイとチュニックが巧みに作り出す隙間に萌えるのか・・・。この隙間は、「絶対領域」と呼ばれてますね。女子の中でも、男子が「絶対領域」と呼んでいるのを意識して、あざとく「絶対領域」を駆使してるコとかいますよね。
「絶対領域」もwiki先生によれば、

絶対領域とは
女性の、スカート、ショートパンツなどのボトムスとニーソックスを着用した際にできるボトムスとソックスの間の太ももの素肌が露出した部分を指す萌え用語。スラングの一種。

「何人にも侵されざる聖なる領域」から発生した萌え用語で、現在はボトムスとソックスの間から微妙に覗く素肌の太ももの部分やそこに感じられるエロティシズム・「萌え」を表すものとして使用される

初出は、デスクトップマスコット伺か用のゴースト(キャラクター)「まゆら」であり、作者が2001年3月21日のブログで言及したことから広まったとされる。
2005年には5月に「ニーソックス系イベント”絶対領域”」、10月に「絶対領域オンリーイベント『素敵空間』」といった同人誌即売会が開催されており、この頃にはすでに現在の意味でオタク間で周知されている。また、その後一部マスコミでも紹介され、一般にも認知されるようになった。例えば、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』2005年10月21日で、大橋未歩がメイド服を着衣して、実演による絶対領域の解説が行われた例などがある。
青山裕企の写真集『絶対領域』(一迅社、2011年)によると、「スカートの丈:絶対領域:膝上ソックス=4:1:2.5が、“絶対領域の黄金比”とされている」とのこと。
「萌え用語」のため、アダルト向け商品にも多数使用されている。ただし、萌え用語としての意味が一般へも波及しつつあり、女性向けファッション誌や通信販売サイトなどでも「絶対領域」の用語を用いることもある。
2012年秋には、この部分にステッカーを貼り付けて街中を歩いてもらい広告媒体として利用する業者が出現し、テレビ等で報道された。
なお、当初の絶対領域とは女の子の三角地帯(デルタゾーン)を指した。現在、この領域は「絶対空域」と呼ばれることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

という説明でした。
当初の「絶対領域」は、デルタゾーンそのものを指していたのかぁ。勉強になりますね。
そのデルタゾーンを触って挑発するシーンは、今作の中にもありました。ただ触っている途中で終わってしまうので、非常に中途半端な気分になりました。
なんか、全体的に「お預け」な気分になりましたので、一人くらいカメラマンに襲われて、最後まで行って欲しかったなぁ。といったら、その道のフェチ道の方からすると邪道なのかな(笑)。
嗜好の方向としてはとても良いと思います。(管理人M)

出演者のツイッターです(まなかかな さん)

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました